Quote 20 Aug 510 notes

日本には「公(おおやけ)」の思想がありません。「公」というのは何か、「公共」とは何でしょうか?

 「公園」というのは、ドイツの文学者ゲーテがつくりました。ゲーテは、封建領主や貴族が独占している美しい庭園を、「すべての社会の構成員に開放せよ」と主張して、「公園」をつくらせたのです。

 そのゲーテの思想に共鳴した世界の諸国民が、すべての学術を社会の構成員に開放しようとして、「博物館」をつくる。すべての社会の構成員に美術を開放しようとして「美術館」をつくっていく。ソーシャル・インクルージョン=「誰もが排除されないで参加することができる」、これが「公」といわれるものです。

 日本人はこれを完全に忘れていますから、「民営化しろ」と言われて、「博物館」もみんな国立大学と同じように「独立行政法人」として真っ先に民営化されたんです。

 イギリスでも絶対そんなことはしません。イギリスに行く機会があったら大英博物館に行ってみてください。入館料など取られないタダですよ。「すべての社会の構成員が排除されないで開放されるもの」、それが「公」っていうことです。

Quote 18 Aug 2,502 notes
「給料が安ければ、適当に働く」という世界標準の考え方が欠如している。
Quote 18 Aug 5,240 notes
 わたしが精神科医として沢山の人たちと接しているうちに気づいたことがあって、それは人間にとって精神のアキレス腱は所謂「こだわり・プライド・被害者意識」の三つに過ぎないというまことにシンプルな事実である
— 

春日武彦『不幸になりたがる人たち 自虐指向と破滅願望』文春新書 P67

bk1 Amazon

(via buecherbrett)

Quote 18 Aug 476 notes
エキスパートとは、ごく限られた分野で、ありとあらゆる間違いをすべて経験した人物である。
ニールス・ヘンリク・ダヴィド・ボーア
(ノーベル物理学賞受賞者・理論物理学者)
Quote 18 Aug 1,174 notes
コンテナに興味を持ったきっかけのひとつに、つぎのような話がある。曰く、建材のいくつか、たとえば窓枠などの大きさはじつはコンテナの大きさによって決まっている。そしてコンテナの大きさは、パナマ運河の大きさによって決まっている。そこを通れる大きさにコンテナ船は造られているからだ。と。つまり、ぼくらが働いているオフィスの窓の大きさは、パナマ運河によって決まっている。
— 

「住宅都市整理公団」別棟:「コンテナ物語」 (via gatya) (via otsune)

おおおお。

(via mitaimon)

コンテナ改造して住みたい

(via xlheads)

世界の海運の最大の発明はコンテナ

(via tiga) (via konishiroku) (via gkojax-text) (via gkojax) (via fai-zero) (via esaki) (via edieelee) (via pushstart) (via rm233) (via dranktoomuch) (via shinoddddd) (via moja-moja) (via highlandvalley) (via ryu1003) (via twominutewarning)
Quote 18 Aug 1,684 notes
「コップ一杯の水(100ml)」を消化・吸収するのに約90分かかる」というのも事実です。水は胃や小腸からは吸収されず、大腸ではじめて体内に浸み込みます。 のどが渇いたとき、つい多量に水分を飲んでしまいがちです。すると胃に滞留して、身体の動きを重たくしてしまいます。これは生物化学上の理論からなる事実です。 これが「水を飲んだときにバテる」という現象になるわけです。
Quote 18 Aug 345 notes
個人的経験から「考え事ばかりで眠れない」時は、だいたい眉間と目の奥の筋肉に凄く力が入ってる。あと「ストレスで肩や首がこる」時は、だいたい一日中歯を食いしばっている。なのでたまに顔ストレッチして、蒸しタオル乗せてパックでもして目を閉じて「顔を休ませる」と効くよ。疲れたらお試しあれ。
Quote 18 Aug 172 notes
リーダーの資質は平時には調整、非常時には信念。
Photo 18 Aug 259 notes
Photo 18 Aug 396 notes prettycolors:

#3b5372

prettycolors:

#3b5372


Design crafted by Prashanth Kamalakanthan. Powered by Tumblr.